デジタルサイネージ 電子表示機器を使ってカタチを表現します。

デジタル・サイネージって?

デジタル・サイネージ(英: Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や情報を表示する広告媒体である。 デジタル通信で表示内容をいつでも受信が可能で、内蔵記憶装置に多数の表示情報を保持することで必要ならば秒単位で表示内容を切り替えたり動画表示を行うなど、多様な映像広告を展開することができる。

デジタル・サイネージの利点

テレビCMのように不特定多数に同じ広告を流すのではなく、設置場所の地域性を考慮した視聴者ターゲットの設定を行い、その特定層に焦点を絞った広告メッセージが発信できる。

通信ネットワークを使ってリアルタイムな操作が可能で、表示される広告内容を随時配信・変更が可能である。したがって、最新情報が提供できるため視聴者の注視度が高まる。また、設置地域に即したリアルタイムなキャンペーンなどの情報配信が可能となる。 ポスターやロール・スクリーン看板のような印刷物の取替えの手間がかからない。

動画が表示できるために、視聴者の注目度が高まる。
1台の表示機でも複数の広告主に対して、広告表示枠を秒単位で切り売りできる。
ビデオ・ウォールやイルミネーションとしての使い方にも発展させることができる。
上記の点で、従来の紙のポスターや同じ静止画を切り替えるだけのロール・スクリーン看板、同じ動画映像を(比較的小さな画面で)繰り返し再生するだけのビデオ・ディスプレイと比べて、優れた広告効果が期待できる。

目的を明確にしたうえで制作する

何の為に存在するのか。それを意識することで、制作の中で考えるポイントが変わってきます。 お客様のご要望をお聞きする中で、必要なものをしっかりと認識しながら制作します。

  • 印刷
  • WEBサイト
  • 電子カタログ
  • デジタルサイネージ
  • 新規事業スターターパック
  • 海外進出サポート
  • お問い合わせ
  • WEBサイトを作成しただけで満足していませんか?
  • 翻訳